燃油サーチャージに関して、旅行会社と航空会社の関係

ここでは、「燃油サーチャージに関して、旅行会社と航空会社の関係」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでは、この燃油サーチャージに対しての、航空会社と旅行会社との関係について説明します。

燃油サーチャージは、本来、航空会社がお客様から徴収する追加運賃ですが、
実際には航空券を発行する際に旅行会社が航空会社に代り、徴収業務を代行しています。

つまり、本当は航空会社が、お客様搭乗手続きの時に、集金するべきなのですが、
航空券に各国の空港税、航空保険料、旅客サービス料などを含めることができる制度を
利用して、旅行会社から徴収させているのです。

ちょっと、ひどいですよね。旅行会社には、高すぎるとのクレームの対応をしたり
徴収できなくて自腹をきったりしていることをよく聞きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。